忘れん坊将軍の備忘録
大阪で食べたり飲んだり人との交流を楽しみ,その思い出を 忘れないようにブログとして残しています。

てるとも

  • Author:てるとも
  • 40代のこてこて
    の大阪人
    飲んだり食べたり,
    人との交流が大好き
    色んな人のブログに
    影響されてついに
    ブログ始めました
    忘れん坊将軍なの
    で写真がないこと
    も多いです
    コメントも大歓迎
    メールは
    tomy_in_oosaka?
    yahoo.co.jp
    まで。
    (?を@に変えて
    ください)
  • RSS

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse









無料カウンター



[居酒屋 陽(はる)]
実は、このネタは↓のもつ鍋の後の2次会の話です。
アップが遅くなったのは、書こうかどうか迷っていたこともあります。
私が時々伺っている福島駅の聖天通り商店街にある居酒屋さんです。
おっさん率相当高めのお店ですが、愛想のいいおばちゃん二人が
お相手してくれます。
メニューは壁一面に張られた短冊がその役目です。

さて、まずは付きだしです。


このお店ではやっぱり日本酒ですね。最近はおばちゃんは私たちの顔を
見ると、とっくりを2本持ってきてくれます(爆)。
見てのとおり、普通の白鶴の燗酒です。


ふぐ皮湯引きです。


酢ガキです。


これが普通に頼んだはずのポテトサラダです(笑)。
ここのマスターは時々お茶目な料理を作ってくれます。


も少し上からの見た目です。
このそびえ立っている緑色の野菜は、名前を聞いたけど、知らない野菜でした。
でも、そのまま食べても美味しいから食べてみと言われてほぼそのまま
食べたら、苦みや臭みはなくて美味しーです。


次は、さごしのきずしです。
ちなみに、後ろのマグロはサービスらしいです。
サバに比べるとかなりあっさした感じです。


焼ぎんなんです。


同行者が窓際に並んでいる焼酎のボトルで、めずらしいものがあると
気づきます。
おばちゃんに聞くと、「たまたま赤霧島が5本ほど入荷したんよ」
とのこと。日本酒はまたいつでも飲めるとばかり、4人でこのボトル
を注文です。


まあ、正直黒と赤の違いが分かるほど焼酎通ではないのですが、
まあ珍しさもあるので、美味しーです(笑)。

酒のつまみはまだまだ続きます。
次はイカの沖漬けです。


で、わけぎのぬた和えです。


最後におばちゃんが、デザート代わりのサービスとしてみかんを
おいてくれました。


いつもながら、普通の料理は普通以上に美味しーし、身も心もほっと
できるお店です。
こうして、もつ鍋からの食べる飲むの一日は終わりました。
ごちそうさまでした。

居酒屋  陽(はる)
電話番号 06-6458-8189
住 所  大阪市福島区福島7-4-28サンビーム福島1階
お店の詳細はこちらを参照して下さい。
【2008/02/10 14:11】 グルメ・福島 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
| ホーム |