忘れん坊将軍の備忘録
大阪で食べたり飲んだり人との交流を楽しみ,その思い出を 忘れないようにブログとして残しています。

てるとも

  • Author:てるとも
  • 40代のこてこて
    の大阪人
    飲んだり食べたり,
    人との交流が大好き
    色んな人のブログに
    影響されてついに
    ブログ始めました
    忘れん坊将軍なの
    で写真がないこと
    も多いです
    コメントも大歓迎
    メールは
    tomy_in_oosaka?
    yahoo.co.jp
    まで。
    (?を@に変えて
    ください)
  • RSS

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse









無料カウンター



[Bar Mattina(マッティーナ)]
いくつもの有名ブログで紹介されている肥後橋にあるバール
Mattina(マッティーナ)さん
会社から割と近いのに,これまで伺ったことがなかったのですが,
ようやく伺うことができました。
お店に着いたのは6時40分ころで,先客はお二人だけでした。


まずは,前菜の盛り合わせで注文です。美味しそうなのが並びます。
↓は,マグロのカルパッチョのアップです。


次は蒸し鶏のアップです。


そして鳥の油肝のテリーヌ・パン付きです。
実はこれがめっちゃ美味しーです。
肝の苦みが少しだけ分かる程度で,コクも旨みもすごくあって
ほんとうに美味しーって感じです。


で,これは追加でまた注文してしまいました(笑)。


ワインにめちゃめちゃ合います。なので,ワインもどんどん進みます(笑)。
途中からデキャンタで注文です。


お店の人がボトルの写真もどうぞって置いてくれました。


モンテプルチアーノというものらしいです。もちろんよく分かりません。
けど,美味しー。
この辺りから,お客さんも増えて,ぎゅうぎゅう詰めになってきました。
なので,料理ができあがるのも少し時間がかかるようになってきました。
でも,そんなの関係なくどんどん注文します。(すみませんm(_ _)m)
焼き物は炭火で焼いているのですが,見ていると本当に丁寧に焼いておられます。
まずは,自家製ソーセージです。


次は三角なんこつです。
ここまで出てきた料理が美味しそうだったので,私は写真を撮ることを
忘れて食べそうになったのです,連れが「写真,写真」と何度もとめてくれました。


そしてチーズ盛り合わせです。
料理はどれもこれもワインに合って,ほんとに美味しーです。


そして最後に,仔羊の肩の煮込みです。
これがまためっちゃ美味しーです。


いやあ,今日も美味しい物に出会えて,満足満足
ごちそうさまでした。 では2軒目行きます。 ↓に続きます。
【2008/01/12 14:29】 グルメ・肥後橋界隈 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
[居酒屋 げんてん]
さて,2軒目はマッティーナのすぐ隣にある居酒屋の「げんてん」
さんです。このお店もいつくものブログで紹介されていますね。
半地下のような店内にはいると,中は意外と広いフロアです。
でも,ほとんどの席が埋まっていて,何とか2人だけもぐりこめた
感じです。

最初の注文は,やっぱりきずしです(笑)。
締め加減がちょうど良い感じで美味しーです。


次は,生レバーを頼みました。
やっぱり美味しー


次はおすすめのメニューにあって,気になった「蛸の子」!!
初体験ですが,コクもあってなかなか美味しー。


アップです。


次に頼んだのは,銀ムツの西京焼きだったのですが,銀ムツが
品切れで,さわらの西京焼きにチェンジ。
で,待ちきれない連れが写真を撮る前に食べかけてしましました(笑)。
でも,1軒目でも,私が写真を撮るのを忘れそうになった時に,
写真撮らないとって何度も言ってくれていたので,1回くらい仕方ないですね。
でも,あわてて撮影してボケボケです。すんません。
味は西京焼き好きの連れもうまいうまいと言っていたくらいなんで,
もちろん,美味しーです。 次は銀ムツに再チャレンジです。


で,最初はビールを飲んでいたのですが,カウンター越しになにやら美味しそうな
ものが見えたので,マスターに確認すると「あれはたまたま入ってきたお日本酒
ですけど,なかなか美味しいですよ。」とのこと。
もちろん,日本酒好きの二人は速攻で注文しました。


味は,確かにしぼったそのままという感じで,ものすごく飲みやすいし,美味しーです。

最後に頼んだのは,このお店の名物 明石焼きです。


熱々の明石焼きは大変美味しーです。

バールから居酒屋とはしごして,ちょー満足で帰宅しました。
ごちそーさまでした。
【2008/01/12 14:08】 グルメ・肥後橋界隈 | トラックバック(0) | コメント(0) | [TOP]
| ホーム |